食品添加物について 食品添加物は一生食べ続けても問題ない量しか入っ

食品添加物について 食品添加物は一生食べ続けても問題ない量しか入ってないという人がいますが、いくつかの添加物は海外で使用が禁止されているものもありますし、まだ人体への影響が判明していないだけで、これから危険だとわかってくるものもあると思います。また、ガンなどの重大な病気を発症させるまでは行かなくても、脳や体の機能を低下させたりするという可能性もあると思います。これについてみなさんの意見を聞かせてください。
愛猫が喜ぶペットフードはこちら
「危険性が指摘されている添加物を含む食品はできるだけ食べない」のが私のスタンスです。
代替商品がある場合はそちらにシフトしてますが、加工肉や明太子など殆どの商品が発色剤を含んでいる食品は食べる頻度を減らしています。
色なんて悪くてもいいから発色剤を入れないようにしてもらいたいもんですね。
酷いと思うのはキャットフードも合成着色料を含む商品が多いということです。
人間でも危険だと言われているものを体のずっと小さな猫に毎日与えたら異常が出ても不思議ではありません。
色を付けると食欲が増進されるそうですが、美味しそうに食べる猫を見る飼い主を喜ばせ、挙句に病気になった猫を治療するために飼い主に金をつぎ込ませるペット業界の汚いやり口のように思えてなりません。
◆70歳の両親が元気だから問題ないと思う。
昔の方が今よりも使ってたでしょ?
知らないけど。
食品添加物を異常に気にしてる人を見ていると、やれやれって思うし、気にしないです。
◆「使用禁止」は「危険と判断されている」とイコールではありません。
食品添加物という概念はあくまで行政上の取扱分類であり、化学的性質による分類ではありませんので、食品添加物として認可するか禁止するかはあくまで行政上の問題であり、リスク合意の問題ではありません。
先進国ではデフォルトが使用禁止であり、事業者が認可申請し、提出された安全性根拠を行政が確かめることで添加物として認可されます。
申請コスト負担するものがいなければ禁止のままです。
基準値が変動したり、国ごとに差があるのは、添加物に対する安全性認識の差ではなく、単に食生活の差や変動に由来するものです。
添加物のリスクを考える上で大事なのは、食品にどれくらいの割合で含まれているかではなく、総摂取量がいくらかです。
ある国で世界平均よりも特定の食品を多く食べるなら、その食品に含まれる添加物も多く摂取するので、その国ではその食品に関連する添加物を世界平均よりも厳しく帰省します。
つまりある食品添加物を世界の他の地域よりも厳しく(あるいは緩く)規制するのは、リスクに対する認識の違いではなく、あくまで同じ認識であるからこその差異である可能性が高いということです。
食品添加物を認可しているか禁止しているか、規制値は高いか低いかを見るのではなく、大本のADI値がコーデックス基準など世界基準と同じかどうかを見ないと、その国のリスク認識はわかりません。
>まだ人体への影響が判明していないだけで、これから危険だとわかってくるものもあると思います。
そういう可能性が食品添加物にあるのは事実ですが、その可能性は野菜や穀物など食品自体に存在する可能性が遥かに高いです。
きちんと安全性審査をしている分、食品添加物ははるかに多くの安全性が確かめられています。
作物や畜肉など食品自体はほぼ全て安全性が確かめられていません。
潜在リスク可能性の点で言えば食品添加物はむしろもっとも安全が確かめられた存在だと言えます。
>ガンなどの重大な病気を発症させるまでは行かなくても、脳や体の機能を低下させたりするという可能性もあると思います。
食品添加物の規制値はADIという「人体に一切の影響が出ない数値」をもとにして作られています。
重篤な悪影響のみを審査しているわけではありません。
質問者さんの心配はすでに考慮された上で食品添加物の安全性審査は行われています。
質問者さんの恐れは無知から来る主観的な不安であり、食品添加物の客観的な安全性とは無関係に生じるものです。
食品添加物にリスクが有るというは事実ですが、「リスクがある」は必ずしも「危険」とはなりません。
物事全てにはリスクが有り、安全というのは「リスクがないものを選ぶこと」ではなく、「よりリスクが低い選択肢を選ぶこと」なのです。
食品添加物などを恐れる人は、「伝統的で自然な物事にはリスクがない」という勘違いをしているから、僅かなリスクも避けようとしてしまうのです。
これは安全学の世界では「ゼロリスク幻想」といい、リスクを避けたつもりで安心してはいても、実際はより大きなリスクにさらされる可能性が高い危険な物の考え方なのです。
主観的な安心と客観的な安全は別物です。
本物の安全がほしいのなら、添加物のリスクだけでなく、「添加物以外」のリスクを知り、リスクを比較してよりリスクが低い選択肢を選び取らなければなりません。
ちなみに、食品添加物と同じ審査基準を用いるとタマネギ一個(約180g)は食品添加物の規制値16年分と同じくらいのリスクになります。
マーケットバスケット法などで判明している実使用量(おおよそADIの1%未満におさまる)と比較するなら、添加物1600年分に換算されます。
食品添加物は現行の法制度で規制プロトコルが実施されている限り、そのリスクは食材そのものの健康リスクの個体差季節差変動に比べれば無視できるほど小さいと考えられます。
◆添加物は国が安全基準なるものを設けていますが、おっしゃる通り海外では禁止されているものが日本では許可されていたり、後から禁止、基準値変更されたり、NCIが発がん性を認めていたりするものもあります。
こういった事実がある限り、添加物は極力避けるのが賢明な判断だと思います。長々と馴染みない言葉を使って安全を強張する方は添加物が危険だと認識されると困る方なのでしょうね。
添加物は一生食べ続けても安全であると主張するならば、それは人の健康に関わることですから、「国が決めたから」などではなく、相当の根拠があるべきです。
マウスへの実験によるデータを論拠にするのではなく、まずは自分が国が決めた安全基準内の最大量の添加物を長いスパンで、毎日、全種類摂取してみていただきたいですね。
◆私の意見と行動はいたって単純です。
1.科学的根拠が示されている(まともな科学誌に論文が発表されている、複数の研究グループによる検証が行われている)添加物の危険性については信憑性をみとめ、可能であれば避ける。使ったものが美味しいなどの理由があれば、自分で安全な量を確認して食べることもある。
2.海外で使用が禁止されたものについてはその理由と詳細、日本での使用状況などについてソース(海外当局の発表)を確認した上で可能なかぎりとらないようにする。
3.科学的根拠やソースが明示されていない話はすべて無視する。
なぜかといえば、私は味の素を筆頭とするグルタミン酸系調味料について、最初は頭が良くなると言われ、次には体に悪いと言われ、中華料理シンドロームの犯人扱いされ、何百という雑誌記事や書籍が出て、結局は危険性が科学的には否定された、という一部始終を見ているからです。母が結構それらに右往左往しているのを間近で見て育ちました。その間、これが原因で病気になった、死んだ、奇形になったという実例はありません。まともに係争された(例えば最高裁まで行った)訴訟すらない。にもかかわらず、ネットや雑誌には未だに「「味の素」グルタミン酸ナトリウムの危険性について」なんて記事を平気で書く人がいる。
何ら科学的検証を経ていない「○○という添加物は脳や体の機能を低下させたりするという可能性がある」と言う言葉は「納豆という食品は脳や体の機能を低下させたりするという可能性がある」という言葉と同じです。「可能性がない」ことの証明は不可能なのですから。
たとえば「亜硝酸塩」についての記事がありますが、こんなことが書かれています。「も」とか「いくと」とか「考えようによっては」とか「できます」とかが多用された実にデタラメな記事です。
このニトロソアミンが胃ガンの原因と指摘する専門家もいます。
青酸カリの人の致死量は0.15g、それに対し亜硝酸ナトリウムの致死量は0.18g~。
致死量でいくと、大差ないということになりますよね・・。
考えようによっては亜硝酸塩の毒性は猛毒の青酸カリウム並みの威力だと述べることもできます。
専門家って誰?どの分野の学者のこと?その分野の学者の何%がそういってるの?
亜硝酸ナトリウム0.18gってソーセージ何本分?
「考えようによっては」とか、「述べることもできます」って・・・
こういう記事は無視するに限ります。
4.人には強制しません。
食だけではないのですが、「安全」と「安心」は全く違います。安全は科学的に証明することはできません。無罪の証明が難しいのと同じ。「これから危険だとわかってくるものもあると思います」と言われたら反論不可能。味の素は危険だという証明がされないまますでに100年たちましたが、「もう100年立ったら危険だとわかるかもしれんじゃないか!」と叫ぶ人には勝てませんから。私は有罪である証明は警察と検察の仕事だと思いますし、「有害である」というならばその人達が科学的根拠を示すべきだと思います。ですが、有害であるという証明がなくても、「安心できない!こわい!」と叫ぶ人はいます。その人達がそれらの使用を一切しない、そういう食品は食べないのはその人達の素朴な心情からの行動ですから、容認します。
◆栄養がすべて体に蓄積されるわけでもないですし、無添加で消費期限が短かったり、色、匂いが悪い、高いんだったら、添加物入ってる方がいいです。
食品メーカーの人が試行錯誤した結果、1番バランスがいいということで商品が出来たのに、食品添加物の知識もない人が添加物は嫌いとか健康に悪いとか言って、他の人にまで口出ししてくるのがとても嫌いです。
そこまで健康に気を使ってまで、長生きしたいとも思いませんし。
愛犬が喜ぶペットフードはこちら

現在2匹のオスとメスのフェレットを飼っています。良質なフードをなる

現在2匹のオスとメスのフェレットを飼っています。良質なフードをなるべくあげたいのですが、情報が少なくて悩んでいます。
メスの方はちょっとお腹が弱く、喜んで食べるフードがあっても下痢 をしてしまい、唯一食べるフードでいいうんちをするのがジャパンプレミアムなのでそれを与えています。
オスは今まで食べていても急に食べなくなったり、新しい餌もなかなか受け入れてくれません。今はトータリーを与えています。
2、3種類ブレンドするといいよと言われたのですがキャットフードも考えています。
フェレット専用フードでのおススメ、キャットフードのおススメを教えてください。
また、フェレットにあげるキャットフードを選ぶ基準はなんでしょうか?
ネットで調べて、アーガイルディッシュ、アズミラのサンプルを買ってみたのですがこの2つのキャットフードはあげても大丈夫でしょうか?
愛猫が喜ぶペットフードはこちら
リクエスト承りました。
私の過去回答をご覧になってリクエストをいただいたのでしょうか?
>アーガイルディッシュ、アズミラ
両方ともフェレットに与えても大丈夫です。というか市販されているフェレットフードのどれよりも品質は良いです。
ak5328770620さんのおうちのフェレちゃんたちはおいくつですか?まだ1歳に満たなかったり、2歳~3歳と活発な時期でしたら、アズミラは少し栄養が心もとないかなと思います。価格も内容に見合っていないように思います。ただアズミラは過去にどんな偏食フェレでも好んで食べたので、男の子の方も喜んで食べてくれると思います。また穀類のせいか便が整いやすいので、女の子の便の様子も変わるかもしれません。
>メスの方はちょっとお腹が弱く、喜んで食べるフードがあっても下痢をしてしまい
これはできたら原因を突き止めたほうが良いと思うのですが、難しいでしょうか。よく聞くのがIBDというもので、投薬でコントロールできる場合があります。IBDよりは稀ですが、フードの原材料に対するアレルギーで下痢になる子もいます。その場合は今まで与えてきたフードと全く違う原材料のフードに切り替えると改善する場合があります。アーガイルディッシュはその点アレルゲンとなる原材料が少ないので好まれている印象です。
>2、3種類ブレンドするといい
これは飼い主さんが明確な意識と目的を持たなければ無意味です。
2種ブレンドするとして、片方高品質品でもう片方が粗悪品の場合、中和されるわけではないので高品質1種に絞ったほうが良いです。品質や成分をブレンドで管理するのは相当難しいと思いますし、私は無理です。
ブレンドを取り入れる人の大半の目的は入手や流通の難への対策だと思いますが、過去10年で困ったことは一度もないので、そこまでブレンドすることにこだわらなくても良さそうだと考えています。
>フェレット専用フードでのおススメ、キャットフードのおススメ
フェレットフードのおすすめはひとつもありません。
キャットフードのおすすめは一概に言えないですが、今まで使ってみてこれは人にも紹介できると思った物は「ジウィピーク」「キアオラ」「オリジン」「アカナ」「ナウ」「メリック」「ワイソン」です。フェレちゃんの年齢や病歴、好み、価格などによっては、もっと違うメーカーをおすすめすることもあります。
>フェレットにあげるキャットフードを選ぶ基準
過去回答と重複になりますが、
・原産国がニュージーランド、カナダ、アメリカ
・主原料の初めのほうが明確な肉
・なるべく穀類不使用(特に小麦、とうもろこしは絶対にNG)
・主原料の由来(産地)がわかる
この4点には特に気をつけています。
別に難しいことでもなく、自分がフェレットだったとしてどういうものを食べたいか、と考えたら簡単な話だと思います。あとは、「今つかっているフードを自分でも食べてみて」と言われて「えっ…」とためらうようならそのフードを使うのはやめた方がいいんじゃないかな、とも思っています。うちで今使っているのはメリックとナウとオリジンの3種ですが、普通に私もご相伴に与っています(もりもり食べているわけではなく…小分け時の劣化確認の味見とかです)。
過去質問を拝見すると、犬さんも飼ってらっしゃるのでしょうか?最近の高品質フードは犬猫の区別のない種類もあったりするので、ジウィピーク、キアオラ、オリジン、アカナなど、犬さんと共用できるものをブレンドの一つに取り入れるのも良いのではないかと思います。たいていのフードメーカーは犬用猫用を作っていて、原材料を見比べてみるとどの程度違いがあるかわかります。価格安めのフードは成分が全然違ったりすることが多いですが、すごく高いフードはほとんど違いがわからなかったりします。ドッグフードを検討する際の注意点としては、1.商品によっては一粒がものすごく大きいのでフェレットの口の大きさにあわない。2.原材料に牛や豚を使ったものは食べてくれないことがある。3.リン、カルシウム、マグネシウムの成分表示がないことがある。と3点ほどありますので、必ずサンプルで試してみてください。
わからないことなどあれば、返信欄からおたずねくださいね。
参考になりそうな過去回答のアドレスも貼っておきます。
3つ以上は貼れないので、4つ目以降は返信欄に貼ります。

◆オリジン キャットアンドキテン(キトゥン、キティと表示されてることも)
が唯一うちの子たちに食べさせているキャットフードです。
以前はナウ フレッシュ キテンもあげてましたが好きじゃないみたいなので廃止しました。
猫にとってもいい超高品質のキャットフードはフェレットにもいいです。
うちの子たちに食べさせているフードを選ぶ基準は、高品質で、必ずペットショップもしくはアマゾンで買えること、そしてフェレットたちが食べてくれるものとしてます。
中にはあまり高品質ではないけど大好きだから入れてるものもあります。
パフォーマンス、メンテナンス、パスバレーフード、グロース、オリジンを今は混ぜてますが、パスバレーフードが廃盤になったことをキッカケにジャパンプレミアムを与えようと思ってます。
5種類も混ぜてると1種類くらい高品質じゃなくてもバランスは取れてると思います。
愛犬が喜ぶペットフードはこちら

愛犬についてです。 10月頃から細菌性皮膚炎を繰り返しており、 病院

愛犬についてです。
10月頃から細菌性皮膚炎を繰り返しており、
病院にてバリカンで炎症部分をかり、お薬をもらっています。 この度もまた発症してしまい、今までで一番ひどく、自分で掻いて血も出てしまいました。
明日朝早く病院につれていきますが、
アレルギーとか考えられるのでしょうか?
身体に良いと思い最近みらいのヒトサジという栄養補助剤をご飯に混ぜています。
皮膚や関節、内臓に良いと書いていましたが。
内容物にアレルギーをおこしているのでしょうか!?
どなたか、犬の皮膚炎に詳しい方、アドバイスお願いします。
愛猫が喜ぶペットフードはこちら
詳しいわけではないですが…。
うちも細菌性皮膚炎になったことがあります。
去勢手術も重なりストレスがあったのか薬用シャンプーでは治りが悪かったので、医者から「アレルギーかもしれない」と言われました。
さいわい、人間用の医薬軟膏を塗ったらすぐに治りました。
細菌性なら培養検査してもらって、何の細菌なのか何の抗生物質が効くのか調べてもらったほうがいいと思います。
アレルギーだとアレルギー食といって、何のアレルゲンもない療法食に一種類ずつ食品を加えていく検査をするそうで、とっても大変だと言ってました。
今食べてるドッグフードかもしれないし、最近追加したものが原因かもしれないし、それは検査しないとわからないです。
◆マラセチア菌でしょうか?
マラセチアは酸化した脂を餌に異常繁殖します。
体力や免疫が落ちてりするとかかりやすいです。
酸化した脂は食べたものが影響しています。
フードを変えてみてはどうでしょうか?
無添加で賞味期限の短いものがいいですよ
製造年月日と消費期限や原材料が明確な物
開封した瞬間から酸化は始まるので、酸化させない工夫もしたほうがいいです。
お勧めは手作り食です。
腸内環境は重要です。
免疫の60%は腸にあると言われています。
病気をしない体、病気を克服したい場合は、腸を鍛えることだと言います。
サプリだと乳酸菌や酵素などを摂ると良いようです。
愛犬が喜ぶペットフードはこちら

猫が水ばかり飲んでキャットフードをあまり食べなくなってしまい、痩

猫が水ばかり飲んでキャットフードをあまり食べなくなってしまい、痩せてきました。
ウンチの形状は変わらずですが、毎日してたのに今では一日置きです。
あまり部屋の中を走り回らなくなりま した。
たまに、人間が魚を食べていると欲しがるのです。
何か病気なのか、キャットフードが気に入らないのかわからず困っています。
愛猫が喜ぶペットフードはこちら
腎臓病じゃないですかね。もしくは、甲状腺の病気もあるかもしれません。
腎臓病になると脱水を起こしやすくなります。体の水分を必死でとろうとするので、便秘しやすくなります。ウンチが隔日というのは、フードを食べなくなって、
腸にたまらないからじゃないですか?また甲状腺の病気になると、異常にエネルギーを消費するので、たべても食べても痩せてきます。のども乾きます。
できるだけ早く病院に連れて行ってあげてください。
◆本日、動物病院に連れて行きました。
結果は多発性嚢胞腎という、先天性の高い病気で、先天性が高くて珍しいものだそうです。
一生点滴を打たねばならず、ペット保険も未加入なのでどこまで治療してあげられるかわかりませんが、私達家族が出来る精一杯の事をしてあげたいです。
◆糖尿病などの病気か、歯周病などで痛くて物理的に噛めないなどがありえます
◆多飲・多尿は腎臓病や糖尿病などです。
早くお医者さんに連れて行ってください。
◆喉がしきりに渇いているのなら糖尿病じゃないですか?動物病院に連れて行ってあげましょう。
愛犬が喜ぶペットフードはこちら

過敏性腸症候群のガス型とはどのような症状が出ますか?

過敏性腸症候群のガス型とはどのような症状が出ますか?
愛猫が喜ぶペットフードはこちら
過敏性腸症候群についてですが、腸は脳と同じようにストレスを敏感に感じやすい場所であり、ストレスが原因で腸の運動を司(つかさど)る自律神経に異常をきたし発症するのです。
例えば、緊張したらお腹が痛くなったり、怒られたりしたらお腹が痛くなるのは、過度に受けたストレスが腸に影響し、お腹の痛みが慢性化してしまった状態を《過敏性腸症候群》と言います。
過敏性腸症候群になると、ちょっとしたことですぐにお腹が痛くなったり、《下痢》や《便秘》になりやすくなってしまいますし、人によっては、《ガス》が出やすくなったり、お腹の音が鳴りやすくなります。
「ガスが腸内に溜まる」、「頻繁(ひんぱん)にガスが出る」、「症状が重くなると、他人の前では無意識の内にガスや臭いがもれるようになる」などが《ガス型の症状》になります。
便秘になると腸内にガスが発生しやすくなり、お腹の張りにつながります。
すると、胃腸の機能が低下し消化が遅れ、腸の動きが鈍くなり、お腹に溜まったガスを排出することが困難になります。
おなかが張って苦しいだけでなく、ガスがお腹の中で動くことによって痛みを感じることもあります。
排便により症状が軽くなりますが、再びぶり返すことがあります。
【ガスが溜まりやすい主な原因】
・腸内環境があまりよくない
・便秘が続いている
・長時間、座っていることが多い
・学校や職場などでオナラを我慢(がまん)することが多い
・腸の蠕動(ぜんどう)運動が弱い
・睡眠不足や生活習慣の乱れ
・ストレスが溜まりやすい
・たくさん空気を吸ってしまう
などです。
【便秘の改善やガスを溜めにくくする方法】
1.食物繊維を多く含む食品をとること
(野菜・果物・キノコ類・海藻類です)
ただし、玉ねぎ・にんにく・ニラ・キャベツなどの野菜は匂いの強いガスになる成分が含まれているので、もし匂いの強いガスが気になる方は量を抑えた方がいいですね。
キャベツにはビタミンUという成分が含まれていて、この成分は別名キャベジンと呼ばれています。
ビタミンUは、胃や十二指腸(じゅうにしちょう)の健康を保つことに優れた効果があります。
胃腸薬の「キャベジン」もこの成分が名前の由来(ゆらい)となっていることでも有名です。
2.イモ類や豆類(ピーナッツ・アーモンドも含む)を食べるとガスを発生しやすくなります。
よって、便秘中やガスが多い人は腹痛を強めてしまうので食べるのを控えましょう。
3.炭酸飲料も炭酸ガスによって腹痛を強めてしまうので、飲むのを控えましょう。
4.コーヒーなどのカフェインや、食事中に唐がらしの使用は腸を刺激するので控えましょう。
5.肉類やファストフードの高タンパク質と高脂質が含まれている物などは食べ過ぎに注意して下さい。
6.乳酸菌飲料・ヨーグルト・チーズ・漬け物・味噌などの発酵食品を摂りましょう。
腸内環境を良くしてくれる乳酸菌飲料の種類は偏(かたよ)ることなく、各社の様々な乳酸菌をとるのが良いですね。
乳酸菌飲料は薬のような即効性はありませんので継続していくのが望ましいです。
その他に、腸内の善玉菌は大便に付着したまま排泄されていくので腸内の善玉菌が減ってしまいます。
ですから、善玉菌の補充という意味で乳酸菌飲料やヨーグルトなどは継続して摂るといいのです。
質問者さんの症状には、下記の商品がオススメです。
(各社の乳酸菌飲料の効能や効果も参考にして下さい)
★【ヤクルト】
・悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす
・腸内環境を改善する
・便秘・下痢を改善する
・免疫力を向上し、インフルエンザや風邪にかかりにくくする
★【ヤクルト ミルミル】
・悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす
・腸内環境を改善する
・便秘・下痢を改善する
・難病である潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)の症状を抑制させる
★【明治ブルガリア 飲むヨーグルト(LB81)】
・悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす
・腸内環境を改善する
・便秘・下痢を改善する
・肌のくすみ、荒れなどを改善する
・ストレスを感じることの多い人
★【カゴメ植物性乳酸菌ラブレ】
・悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす
・腸内環境を改善する
・便秘・下痢を改善する
・インフルエンザや風邪にかかりにくくする
★【雪印メグミルク ガセリ菌SP株ヨーグルト】
・悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす
・腸内環境を改善する
・内臓脂肪を減らす効果
・免疫力を向上し、インフルエンザや風邪にかかりにくくする
※乳酸菌飲料を1日に朝と夕食後の2回摂ったり、複数の乳酸菌飲料を摂るなどをすると、3~4日目辺りから徐々に改善の変化があると思います。
(ただし個人差があります)
カルピス社から発売されている、小さなペットボトル入り(200ml)の【C-23ガセリ菌】という商品がありますがこの商品もおオススメです。
★【C-23ガセリ菌 乳酸菌配合】
※青色のパッケージです
・ストレスや不安感の軽減
・自律神経を整える
・腹痛の改善(過敏性腸症候群の改善)
・便秘・下痢の改善
・不眠の改善
などの効果があります。
コンビニやスーパーマーケット、ドラッグストアーなどで売っていますが、今の季節だと【L-92 乳酸菌配合】の商品しか置いていない店が多いようです。
7.運動をすると消化運動に関係する自律神経系に刺激を与えることができるので、ガス溜まりや便秘症状の改善が期待できます。
8.あまり知られていないのが、お腹には口から飲み込まれるガス(空気のこと)と、腸内で発生するガスの2種類がありますが、口から飲み込む空気を【呑気症(どんきしょう)】と言います。
呑気症は、空気嚥下症(くうきえんげしょう)とも言われますが、無意識のうちに空気を多く飲み込むことによって、胃の不快感・げっぷ・胃の痛み・腹部膨満感(ふくぶぼうまんかん)・腹鳴(ふくめい)、おなら等の症状が起こったりします。
【解説】
・腹部膨満感とは、食べ物による満腹感(まんぷくかん)とは異なり、ガスによってお腹が張ったように感じたり、圧迫されて苦しいと感じたりする症状のことです。
・腹鳴とは、ゴロゴロ・グゥグゥ・グー・ポコポコとお腹から音がする症状のことです。
呑気症は無意識のうちに空気を飲み込んで、お腹が張ったり、こめかみなどが痛くなったりする症状で、炭酸飲料の飲み過ぎやストレスなども原因の1つですが、一番の原因は、食事中の食べ物や飲み物と一緒に飲み込んでしまう空気が原因です。
例えば、早食いや、よく噛まないで食べてしまう、他人としゃべりながら食べたりすると、飲み込む空気がお腹の中でガスへと変化していきます。
このような食事をされるとお腹の中のガスも多くなってしまいます。
予防法は、ゆっくりとよく噛んで食べると空気をたくさん飲み込まずに済むので、ガスが溜まりにくくなります。
9.体をしっかり休ませる・気持ちをリラックスさせる時間を作るなど、精神的な緊張を取り除きましょう。
過敏性腸症候群は症状を改善するのに長い期間が必要となります。
よって、ストレスを解消したり軽減できる環境づくりの他、生活習慣を改善していきましょう。
長文になり申し訳ありません。
(•ᵕᴗᵕ•)⁾⁾ぺこ
愛犬が喜ぶペットフードはこちら

こんにちは。避妊済み、17歳のメス猫が甲状腺機能亢進症になりました

こんにちは。避妊済み、17歳のメス猫が甲状腺機能亢進症になりました。幸い腎臓など他は悪くありません。お薬を毎日あげて、指定されたキャットフードしか今はあげてませんが、もう老い先は長く 無いので、可哀想で、何か食べさても害のないドライフードやウエットフードなどで、美味しい物や、サプリなどありませんか?よろしくお願いします。
愛猫が喜ぶペットフードはこちら
はじめまして。
家の老猫(18歳を超えました)も甲状腺機能亢進症です。
チアマゾール(メルカゾール)は試されましたか?
薬が合わなければ残された道は処方食しかありませんが、家の猫は幸いなことにチアマゾールでT4が4程度まで抑えることができているので、大好きな魚やお肉が食べられるる状態を保てています。
T4の数値はどれくらいですか?
お薬は試されましたか?
甲状腺機能亢進症の場合、腎機能は表に現れてこないだけで実は腎不全ということも多いです。
チアマゾール服用により腎不全が顕在化してくる例も多いみたい。。。
具体的に今、どんな状態ですか?
◆こんばんは。回答ありがとうございます。メルカゾールを飲み始めてまだ10日程度です。ウェットに混ぜて6割、7割位食べていますが、少ししんどそうに見えます。すいません、T4って何でしょうか?血液検査ではALP胆嚢が、360ありました。他はまだ異常ないみたいです。宜しくお願いします。
◆ちゃおちゅーるは、大抵の猫ちゃんは大好きですよ。
あと真空パックのカツオ。
うちは減塩にぼしも大好きです。
猫ちゃんのスープも好物です。
愛犬が喜ぶペットフードはこちら

犬の寿命は、大体どのくらいですか?

犬の寿命は、大体どのくらいですか?
愛猫が喜ぶペットフードはこちら
サイズや健康状態によると思います。
中型犬を二匹飼っています。
最初の愛犬は癌で早期発見できず手遅れになり13歳で天に逝ってしまいました。
二匹目の愛犬は心臓肥大と言う病気を患っていたのですが薬を飲ませ痩せさせたら良くなりその後痴呆症と興奮状態がでて精神安定剤を処方し20歳になり今は老衰しています。
◆すみません。二匹目は20歳ではなく19歳でした。
今朝早く天に逝きました。
◆あるサイトによると
小型犬の平均寿命は12~15歳
中型犬の平均寿命は11~15歳
大型犬の平均寿命は10~13歳
ちなみにうちの愛犬のチワワは、
1匹は、心臓病を発症しながらも14歳8ヶ月
もう1匹は、気管支虚脱と甲状腺疾患を持ちながら
17歳7ヶ月まで生きてくれました。
◆小型犬で12年から16年くらいです。
大型犬はそれより短く、8年から12年くらいです。
その子の健康状態、遺伝要素、食べ物、運動状態などで変わります。
この年数はあくまで目安です。
◆10年ぐらいでしょうね、、
中には15歳とか、もっと生きる子もいます!
うちの子はそうでした
獣医さんに勧められた
ビーエルエフのニカショウハーブを
えさに混ぜてあげたりもしていましたね
栄養価が高くなり長生きするサプリといわれてるものです
少々お値段はしますが
えさの食べっぷりもよくなるし
いいものだともいます^^
◆平均寿命は10~13年とか言われていますね。
昔のワンより長生きになりましたね。
でも環境や大型犬 小型犬など種類によっても違うかと。
愛犬が喜ぶペットフードはこちら

明後日で生後3ヶ月のワンコ(ポメ×シーズー)オスを飼っているのですが

明後日で生後3ヶ月のワンコ(ポメ×シーズー)オスを飼っているのですが、とにかく人が大好き?で常に遊んで!遊んで!状態です。(現在はほぼケージで過ごしてもらっています)寝ている時以外ずっとハイテンションでケー ジ内を走り回り吠えて出してアピール。
しつけのために静かになったら出したいのですが、人間が立ち上がるだけで出してもらえると思いまたハイテンションになります
吠えぐせが付かないか心配ですが…大きくなるにつれて減りますかね?
犬は吠える生き物ですし私はなんとも思わないのですが、やはり散歩だったり来客の時に困るので…。
また、ケージから出すと足や手をずっと噛み続けます。
噛んだら低く強めに「ダメっ」と言っていますが全く聞かず…
次はお腹を見せて目を見ながらウーっと低い声でうなる(親犬がやる事で効果的と聞きました)と言ったことをしているのですが、そうしている最中も噛み噛みマシーンと化しています。苦笑
私の言い方が弱いのですかね?このままで大丈夫でしょうか?
噛めるおもちゃも与えているのですが
おもちゃ<指or足の状態です>_< 愛猫が喜ぶペットフードはこちら
犬は基本吠えないですよ。要求や不満、飼い主を守るときに吠えます(笑)
三ヶ月くらいでしたらハイテンションは普通で心身健康な証拠ですよ!
ダメと怒るより無視する方がいいですね!何かすれば飼い主が反応してくれると思い、今後吠えます(笑)
また、チャイム吠え防止には、チャイムが鳴ったらおやつをあげると吠えない犬になりますが、それをやらない家庭の子は、チャイムが鳴ると飼い主が自分を放ったらかしで来客やら宅配業者に構うサインだから、騒いで引き留めようという感覚になります!
躾頑張ってくださいね!
◆では吠えぐせに関しては今と同じく無視してれば大きくなるにつれて減りますかね?
はい!私にとっては元気に吠えてくれてありがとう、って感じなんですが吠えぐせは治さないといけないので心配になって…(笑)
まだ3ヶ月でこの子をお迎えした団体の方からおやつは生後半年までダメ、と言われてるのですが…どうすれば良いのでしょうか?
それと…質問が多くてすみません(笑)
噛み事についてなんですが、皮が剥けたり歯型が1日着くぐらい強く噛み噛みされるのですが普通はこんな感じですか?
前犬を飼ってた時は私が産まれた時すでに10歳を超えてる犬だったので子犬は初めてで…(>_>)
丁寧にありがとうございます!
愛犬が喜ぶペットフードはこちら

ペットを飼うことを規制すれば保健所がいらなくなり野良猫も根絶でき

ペットを飼うことを規制すれば保健所がいらなくなり野良猫も根絶でき、不幸なペットを無くすことができるのではないでしょうか。確かにそんなことをすれば善良なペットショップやブリーダーが路頭に迷うことでしょう 。しかし、無責任な人間がいる限りこの問題は解決できないと思うのです。
愛猫が喜ぶペットフードはこちら
ペットを禁止すれば、路頭に迷うのはショップやブリーダーだけではありません。
ペットを対象とした獣医や製薬会社、ペットフードやペット用品関係の会社(それを扱うスーパーやホームセンターにも影響)、トリマーやドッグトレーナーなど、ありとあらゆるペット関係の仕事をしている人が職を失うか、何かしらの影響が出ます。
無責任な人間がいる限りこの問題は解決できない……おっしゃる通りですが、物事というのは問題があるから無くせばいいというものではなく、無くしたら無くしたで新たな問題が出てくるのです。
◆少なくとも ペット飼育の規制をどんなにしたところで
保健所が無くなる事は無いだろ
まさか 保健所の業務が ペット関連だけと
思ってんの?
≫無責任な人間がいる限りこの問題は解決できないと思うのです。
ついでに 無知な人間がいる限りも
追加した方が良い
愛犬が喜ぶペットフードはこちら

皆さんが購入してるドッグフード教えてください。

皆さんが購入してるドッグフード教えてください。
愛猫が喜ぶペットフードはこちら
フードローテーションで色々食べさせています。
キアオラ、ロータス、ナウフレッシュ、フィッシュ4ドッグ 、クプレラ、ハローです。
◆アボターム(コンドロイチン配合の方)
◆ニュートロ ナチュラルチョイスです。
ペットショップなどで良く売っているドッグフードを
調べたら、あまり良い食材を使っていないと知って
いろいろ調べた結果、「ニュートロ ナチュラルチョイス」に
なりました。
◆ロイヤルカナン
◆サイエンスダイエットです
◆ロイヤルカナン
愛犬が喜ぶペットフードはこちら