キャンプ初心者です。 来月親戚家族とキャンプに行くことになり、テン

キャンプ初心者です。 来月親戚家族とキャンプに行くことになり、テントを購入する事になりました。
今後の使用頻度や値段を考えてコールマンのタフワイドドーム2ルームテントを購入しようと考えています。
グラウンドシートはグリーンシートなどで簡単に済ませようと考えているのですが、インナーシート&インナーマットをどうしようか?と考えています。
①夏なのでインナーシート(銀シート)なしでインナーマットのみでも大丈夫でしょうか?
②同じコールマンのフォールディングマットを購入しようと考えていたのですが、サイズ的に微妙でしょうか?
2ルームテント用のシートで探すと、インナーシートとグラウンドシートのセットなどしか見つからないのですが、専用のマットがあるのでしょうか?
③オススメのマットがあれば教えてください。
なにぶん、初心者で、ここ2日で調べた情報ですので、全然違う!という事があれば申し訳ありませんが、よろしくお願いします。


家族でキャンプ、楽しいですよ~(^^)
① インナーシートは、テントのフロア面を保護してくれるので、敷かないよりは敷いた方がテントが長持ちします。ただ、シートそのものにクッション性がないので、別にマットが必要になります。わが家は4人家族なので、マットを4人分敷くとフロア内がマットでほぼ埋まるので、敢えてシートは敷いていません。
② フォールディングマットは厚さがたった7mmですから、それだけでは寝心地悪いです。冬にキャンプする人なら、地面との断熱に有効なのであってもいいと思いますが、暖かい時期しかキャンプしない人の場合は、間違いなく無駄な買い物になります。
③ インフレータブルマットという個別のシュラフマット(キャンピングマット)がオススメですよ。勝手に膨らむので、楽ちんです。安くて人気があるのはハイランダーの5cm厚タイプですね。お得な2点セットなら↓
ロゴスのエアウェーブも同じくらい寝心地はいいですが、ずいぶんと値上がりしてインフレータブルマットとの価格差がなくなっちゃいました。ただ、ペシャンコになるので、積載が厳しい場合には選択肢になるかも↓
私は北海道在住なので、真夏でも2ルームやスクリーンテントでキャンプしていますが、とても快適です。質問者さんがもしも本州の人で、夏のキャンプをお考えなら、北海道のキャンプ場と気温が同じくらいの標高の高い(1000m以上)のキャンプ場に行くといいと思いますよ。
タフスクリーン2ルームは3面オープンにできるなど、暑さ対策もそれなりにありますが、2ルーム買うなら、ぜひ肌寒い時期にもキャンプすることをオススメします。肌寒い時期にキャンプしないなら、ドームテント+ヘキサタープの方が快適かも…。
◆回答ありがとうございます!
①②インナーシートの写真が薄くて寝るには厳しそう…と思い、スリーピングマット的な気持ちでフォールディングマットを検討していたのですが、それでも寝心地悪いのですね!聞いてよかったです。
③④インフレータブルマット、とてもいいですね!空気を入れるタイプは大変とかも読んだのですが、これなら大丈夫そうです。軽自動車なので積載量は厳しいのですが、テント以外は親戚が持って来るのでよく検討したいと思います。
当方は関東在住、おそらく北関東中心3シーズンのキャンプになると思っています。最初はタフワイドドームにタープで考えていたのですが、夜リビングの荷物をどうするかや虫の事など考えたり、今楽天で3万後半で2ルームテントが買えそうなのでお得かなー…と思っておりました。真夏は暑いですかね…なるべく涼しいところに行きたいと思います。
◆グランドシート インナーと地面の間に敷くシート
インナーシート インナーの中全体に敷くシート
インナーマット 寝るときに寝袋の下に敷く一~二人サイズのマット
と言う解釈でいいのでしょうか?
シートはインナーの中での過ごし方で必要性が変わってきます。
小さいお子さんも居るようなので、インナーシートは敷いた方がいいでしょう。
専用品もありますが、安い銀マットで充分です。
サイズは自分で切って合わせることもできるので。
インナーマットも有ると快適性が違います。
エアマットやウレタンなど色々種類がありますが、個人的には多少嵩張っても、折り畳みのマットが使いやすいかなと思います。
エアーマットも持ってますが、片付けがとにかく手間かかるのでほとんど使ってません。
スペースに余裕があればコットという選択肢もあります。
◆まずは2ルームテントが正解なのかから考え直した方が良いです
特に夏場なら、2ルームの難点、暑くて中に居られないという2ルームを買った意味が無くなる場合があります
◆経験上、安いブルーシートは水を通しまっせ!
最低でも3000番程度の物を。
インナーマットは夏場なら100均の結露防止シート等でも(場所に依りますが)問題ないと思いますよ。
何でもかんでも「専用」って考えるんじゃなくて、もっと思考に自由度をもたせてホムセンや100均等見て回れば「あ!!これ使えそう!!」って言うのが沢山あります。
要はアイディア次第です。
それと、道具で「有れば便利かも!!??」は略出番が有りません。
ミニマムから始めて、ご自身で必要な物を揃えて行くのがまたアウトドアの楽しみでっす。
◆まず、お子さんがいない場合はテントマットは必要ありません。
大人だけならシュラマットの上だけ踏めばいいので。
いうこと聞いてくれないお子様がいる場合は、ボトムの保護のためになんでもいいので柔らかいものを敷いておきましょう。
安い銀マットでOKです。
グランドシートは、雨の撤収など、テントを汚すと後が面倒なんで敷くべきですが、そういう目的ならインナーの下だけ敷いてもしょうがないんで、テント全体を乗っけられるような大きさなブルーシートを持っていくといいです。
ブルーシートは何かと便利だし、小さいものは使い捨てにできるような価格だったりするのでいくつか持っていくといいです。
テント広げる前の荷物の展開とか、撤収時の荷物置き場とか、テーブル足りない時のお台所にと色々使えます。
それと「夏なので」とか書く人多いんですが、沖縄の海岸の夏と、標高2000mの雨の中と全然気温違いますよね。
気温に応じた装備で。
あと、ボトムに直接寝ると、地面の枝や石で破れやすくなるので必ずシュラマット(体の下だけに敷くマット)は使いましょう。
夏でも15度まで下がるようなところで地べただと部分的に冷えて不快だと思いますよ。
◆銀マットで十分(専用品はそれほど必要ではない)
銀マットの厚さが1.5cmであれば快眠間違いなしそれだけで寝れます。
※石が多い場所ではさすがに痛くて寝れない・・・
0.5cmの厚さでは小石ですら痛い思いをします。
グラウンドシートに関しては質問者様の認識で問題ありません。
注意点はテントフライシートからはみ出ないことが重要です。
また、インナーシートは基本不要です。
グランドシート⇒テント⇒インナーマット(銀マット)で十分です。
銀マット1.5cm
中国製の快眠マット