アトピー性皮膚炎について。 こんにちは。22歳女です。 私は赤ちゃん

アトピー性皮膚炎について。 こんにちは。22歳女です。
私は赤ちゃんの頃アトピー性皮膚炎でしたが、保育園に入った頃には落ち着いていました。
しかし2か月前腕と膝の裏、首、背中が痒くなり始め、特に腕は最近かなり酷くなってきました。お見苦しい写真で申し訳ありませんが、火傷のようになってしまいました。
皮膚科で処方してもらったステロイド、飲み薬、ヘパリンなど、全然効果がありません。
最近は職場や、特に家で「掻くなよ」「少しぐらい我慢できないの?」「とても見せられないね」などと言われるのが辛くて、かゆいのを我慢できないのがストレスで、さらにかゆくなってる気がします。
アトピーの方、皮膚炎症などの経験がある方は、どのようにかゆみを我慢しましたか?
教えていただきたいです。
よろしくお願いします。


2カ月前、石けんやボディソープを変えたとか、洗濯洗剤や柔軟剤を変えたとか、服の生地とか、食生活とか…何か変化はありませんでしたか?
皮膚のトラブルは引き算からです。
ご自分に合わないであろう物を、思いつく限り徹底的に排除しましょう。
まさかこれではないだろうと考えず、頭を柔軟に。水道水に含まれる塩素がダメだと言う人もいますが、今まで大丈夫だったのならそれはないのかな。
人間の皮膚の汚れはお湯で充分落とせるので、石けんは使わず、お湯のみの洗浄にしてみてもいいですね。
糖質(炭水化物-食物繊維)の取り過ぎも肌にはよくありません。
糖質を控え、脂質やタンパク質、ミネラル、ビタミンをしっかり摂るのもいいです。
ステロイドではなく、白色ワセリンやラードなどを塗り、保湿するのも効果的です。
お薬に頼る前に、皮膚の様子を見ながらいろいろ試してみてください。
全て実践済みならすみません。
早く原因がわかるといいですね。
◆いろいろとアドバイスいただきありがとうございます。
仕事、私生活ともにストレスがかかったことぐらいしか思い当たらないのですが、それも原因だったりするのでしょうか?
◆転地療法をお試しください。
夏休みなどの1週間程度でも海外旅行でもしたらもしかしたら改善のキッカケが掴めるかもしれません。
私は、27歳で全身アトピーが発症し、滲み出るリンパ液や滲む血液で大変でしたが、
今は完治しました。
それまでは、ありとあらゆるモノを良いと口コミがあれば手当たり次第試していましたが、どれも効果はありませんでした。
おそらく、ネットで調べられるであろうものは全て試したと思います。
何百万円も使っています。
しかし、アトピーの大前提は、
身体が「あるタンパク質に過剰反応しその結果が肌に炎症として発症」です。
この大原則を見誤ると変な民間療法に取り込まれて迷宮入り、自分を見失います。
ただ、その「タンパク質」が目に見えず特定できないから苦しいのですが、
私の場合は日本を長期出国した途端それまでが嘘だったように改善しました。
まず初めには、
日本から東南アジアに3ヶ月ほどの予定で出発するときに、
大量のステロイドを医者に頼んで出してもらい恐る恐る行きましたが、
1週間も経たずに薬を持ってきたことすら忘れるくらいに改善。
その3ヶ月後、日本に帰ったら3日も経たずに再発。
そして数ヶ月して今度はアメリカに永住する身となりましたが、
渡米後これまたすっかり自分が重度のアトピーだったことすら忘れています。
1週間もあれば身体があっという間に綺麗になります。
東南アジアは高温多湿、
アメリカは超乾燥の地中海性気候、砂漠気候なので、
湿度は関係ない模様です。
アレルギーの対処法は、アレルギー物質から遠ざかること。
これに限ります。
何かを付けたり、変えたりするのではなく、アレルギーを起こすタンパク質から逃げること。
何かを加えるのではなく、”引く”のです。
それが目に見えないので皆苦しいのです。
私は日本国外に出た途端治りました。
海外と日本を行き来し実験を繰り返した結果、衣類やタオルの中に潜む何らかのタンパク質であろうことが突き止められました。しかしなぜ日本だけでそうなるのかは不明のままですが、
とにかく大まかな絞り込みを見つけられたのが救いでした。
アトピービジネスは何かを加える(販売する)ことで成り立つことが多いですから、「引くこと」によるビジネスが成り立ちにくいのでそういう宣伝は一切ありませんので騙されないようにしなければいけません。
一旦、普段の生活をリセットすることでもしかしたら改善の兆しが見えるかもしれません。
そうなればかなり見通しが明るくなります。
あとは実験的に何が影響しているかロジカルに潰していけます。
◆悪化してますね、私も重度のアトピーで入院を繰り返しました。
今効果のある療法に取り組んでます。私には短期間で劇的に治癒効果がありました。3年経って効果も継続中です。
以前、知恵ノートにまとめておりましたが、知恵ノートのサービスが終了するにあたりホームページを作成し、そちらにまとめ直しました。
アドレスは
になります。
よければ治療、日々の生活のご参考になさってください。
疑心暗鬼に悩む日々を脱出して明るい日常を取り戻しましょう!
◆痒みを我慢するのはすごく難しいですよね、、
痒いところを冷やす
アレルケアを飲む(サプリ)
ニベア、温泉成分の入ったクリームをぬる
(合わない場合もあります)
爪を長くしすぎない
など参考までにぜひ試してみて下さい。
◆痒みは、体のシグナルで、
あとピーはシグナル(痒み)の異常の病気なので、
努力にはまったく関係なく、
我慢ができるわけはないです。
たまに、アトピー赤ちゃんの親が、搔けないように、
包帯でぐるぐる巻きにしますが、
逆にすごいストレスでかわいそうです。
もともとアトピー体質なら、
いつ再発してもおかしくないです。
体質そのものなので、私は、発病の原因に固執することには
それほど意味はないと感じていますし、原因が見つからずに
徒労に終わるケースがほとんどではないでしょうか。
通常原因がわからい病気では、
だいたい、ストレスが原因だと説明されます。
ストレスが原因と言われても、アトピー患者自身には
まったく意味のないアドバイスだといつも思っています。
(現に、私の場合、悪化する時点でストレスがあることはなく、
私にとってアトピー症状がない状況、つまりストレスがない状態なのに、
容赦なく悪化が始まります)
逆に、発病後のストレスは、
明らかに悪化要因です。
発病の症状自体と、それ以上に発病に伴う生活の困難さ・・・、
営業成績が悪くても、受験に失敗しても、
アトピー以上のストレスは少ないものです。
病院のステロイドが、指示通りつかっても効果なしというのは、
不思議です。
ただし、私も、同じステロイドを使っても、
効果が早い時期と、効果が甘い時期があることは実感しますが、
それでも、まったく症状に変化がないという経験はありません。
使用期間が短いので、副作用としてステロイドが効かなくなるという
ことも考えにくいですし、アトピーではないのでは。
(ただ、画像を見るかぎり、私の症状と瓜二つです)
あと、痒みですが、
私は、症状がある部分のみ
熱めのシャワー(48度ほど)で対処しています。
シャワーで痒みを抑えた後、強めのステロイドをすぐ塗り、次の朝も塗り、
その日の夜もぬり、3回ぬったあたりで、だいたいは快方に向かいます。
しかし、貴殿の場合は、うでですよね。
私の場合は、足、うで、顔なので、
症状が、うででとどまる場合は、
私にとっては、ストレス度はかなり低いです。
顔の痒みを紛らわすために、
腕については、普通に搔いて、腕の症状悪化は容認しつつ、
顔の症状悪化を腕の症状に昇華させ、
生活に大きく影響する顔の症状だけを最小限に止めるというテクニックすらあります。
質問の趣旨を超えて、回答長くてスミマセン、
つい持論をのべてしまった・・ これもストレス発散ですのでお許しください
◆1週間で効果がなかったらすぐに病院に行って効果が無い事を医者にうったえるか、別の病院に行くかした方が良いです。
ちなみにステロイドの塗り方は足りてますか?
ベトベトして紙とかが引っ付くぐらい塗らないと効果は出ないです。