体組成計について質問です。 7年前に購入したTANITA製のものを長年使

体組成計について質問です。
7年前に購入したTANITA製のものを長年使っております(型番がどこにも載っておりませんでしたが形だけ見るとBC-756やBC-705Nかなと思います)
乗っただけで誰が乗っ たか判別する機能が付いていて、そこそこのお値段で買ったような気がします。
大きく重くて持ち運びには適さないので、先日持ち運び用にドンキホーテで980円ほどの軽量薄型のものを購入しました。
TANITA製の古いものは体脂肪率、筋肉量、基礎代謝、BMI、(体内年齢)が測れますが、新しく買ったものはこれに加え体内水分率と推定骨量が測れます。
ここからが質問なのですが、7年前のそこそこなお値段のTANITA製(実質体脂肪率と筋肉量の測定のみ)とドンキ製の激安最新型(上記に加えて水分量と骨量も測定可)ですと、精度はどちらが高いのでしょう。体脂肪率に7〜8%程違いが出ていてどちらを信じるべきか悩んでおります。
無名ブランドの安物でも最新型か、有名企業のそこそこのお値段の7年落ちか、どちらが推定値として近いのか…安物の最新型の方が数値は良いのでそうだったらいいなと思って質問させて頂きました(笑)
お知恵をお貸しください。


家庭用体重計の体脂肪率測定機能は、電気抵抗の数値を各社のノウハウで分析します。筋肉は脂肪よりも保水量が多くて電気をを通りやすいので、湯上がりや汗だくだと体重計は筋肉が多いと誤認し、逆に肌がカサカサだと筋肉が少ないと誤認します。また、水分を大量に摂取すると筋肉だと誤認して体脂肪率を低く表示し、脱水状態の場合は高く表示します。服も数 % 影響しますので、なるべく裸に近い状態で測定した方が良いです。
ということで、朝、トイレに行ったあとで体脂肪率を測るのがオススメです。
そういった常識をわきまえた上で使用したときに、1~2 % の違いならばともかく、7~8 % も違いがあったら片方は使い物になりませんね。そこで一度「体脂肪率 画像 女性」をキーワードとしてネット検索してみてください。体脂肪率サンプル画像と自分を比較して、どちらの体重計が正しいか確認してみましょう。
◆寝起きに全裸で測っていますが、同じタイミングで立て続けに乗り比べても少なくとも6%は誤差が出ます。水分で誤差が出ると言うことは、水分量は別に出してくれる方のものが精度は良いのでしょうか…
画像で言うと新しい方で出る数値より気持ち細身な気がしますが、極端に胸に脂肪が付いているタイプなのでその分入れたらどうなるのかを考えると訳が分からなくなります。
◆体脂肪は一日のうちでも変化します。
また運動後 入浴後は汗が出ているので数値が正確ではないです。
また足だけではなく手からも測れるものの方がより精度が高いと思います。
いつも同じ時間帯に運動後などではない時に測るとご自身の体脂肪率の変化が分かると思います。